7月21日のGoogleウェブマスター向け公式ブログで、
10月1日からSSL化されていないテキスト入力ページには
Cromeユーザーに警告表示することをGoogleが発表しました。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/07/next-steps-toward-more-connection.html

メールフォーム、
お問い合わせフォーム、
買い物かごなどなど、

http:ではなくhttps:で始まるURLでないと、Chromeブラウザ上では「Not secure」警告が表示されます。

シークレットモードでも「Not secure」警告は表示されるようです。

最終的には、ウェブサイト全ページに対して「Not secure」警告すると、グーグルは言ってます。

無料、有料ありますが、SSL証明書を入手してサーバーの設定と、
従来のhttp:で始まるURLにアクセスしたユーザーがhttps://で始まるURLに自動的に転送されるように
.htaccessファイルを加工など施し自動転送処理をする必要があります。

 

ビジネスでウェブサイトを利用しているユーザーであれば、必須です。

もちろん当社で対応も可能ですが、ご利用いただいているサーバーによって、費用は異なります。

当社会員の方は順番に作業を行っていますが、サーバーもしくは、ご利用いただくSSL証明書によって
お費用が発生する場合がございます。

詳しくは、ニュースレター9月号でご案内しておりますので、ご一読ください。