「工務店」の記事一覧

集客上手の工務店はいったい何をしているの?

セミナー 工務店 集客

業界を去った工務店の特徴とは 会社規模の大小は全く関係がない 小さくても活躍できるのが住宅業界 集客をスタッフ任せにしている 継続して儲かっている工務店はマーケティング(集客)は社長(事業リーダー)が中心になって行っている 集客してくれる企業にくっつくほうがラクだと言う (下請け)不安定・利益圧迫 ⇒ いつまでも続かない (FC加盟店)集客もFC本部が行って……

LINE公式アカウント開設のおすすめ~工務店も使えるLINE

LINE コンバージョン 工務店 集客

ログインに個人のLINEアカウントが不要 LINE@からLINE公式アカウントに移行して便利になったのが、管理画面にログインする際、今までは個人のLINEで登録したメールアドレスとパスワードが必要でしたが、LINE公式アカウントになってから、個人の登録したLINEだけでなく、メールアドレスを登録すれば、個人のLINE情報が不要になりました。 個人のLINE情……

検索クエリ「工務店 集客 悩み」にお答えする第二回 忙しい工務店が利用しているメディア・利用をやめたメディア

工務店 集客

利用を止めた、制限したメディア 一括資料請求サイト 年商3億未満の全てのお取引先工務店は利用を止めました。理由はカンタンです。資料請求した方と連絡がつかないことが多く、費用対効果が悪いと感じているからです。 年商6億未満の工務店さんは、利用を止めた方と利用制限した方が50:50ぐらいです。利用制限とは、一カ月の上限予算を設定している若しくは、現在の集客状況を……

検索クエリ「工務店 集客 悩み」にお答えする第一回 忙しい工務店の特徴を知る。

工務店 集客

今、忙しい工務店の特徴を知る 小さなことに気がつく、放っておかない 「工務店 集客 悩み」で情報を探しているということは、過去に較べてお客様が減っている、若しくは売り上げが下がっているのかもしれません。しかし今、お客様が増えている忙しい工務店もいます。目の前で見ていますのでホントの話です。人の話ではありません。 弊社のコンサルティングの最大の特徴は、お客様の……

HPから受注できなくても、HPの問い合わせ数は売上げの目安になる。

コンバージョン 工務店 集客

浅野 上のグラフは、某工務店会員様の「コンバージョン概要」です。三日に2件のペースでコンバージョンを計測していますが、3/6から5/15までのコンバージョンは全て電話からのコンバージョンです。電話からのコンバージョンの場合、計測できないものも数多くありますから、実際のお問い合わせはもっと多いということになります。 こちらの工務店様は、社長お一人で営まれていま……

求人情報が検索できる「Googleしごと検索」

工務店 検索

最近気になるユニバーサルサーチ「Googleしごと検索」 求人をしたい企業がGoogleに情報を掲載することが可能です。最近になって求人関連のクエリ(キーワード)で検索すると、ほとんどの場合検索結果ページの最上段に最大3件の求人広告が表示されます。人気求人サイトIndeedの作り同様シンプルなものですが、Googleにログインした状態で「アラートをオンにする……

DMからホームページへ誘導。URL直接入力とQRコードどっちが多い?

QRコード 人気記事 工務店 集客

ホームページ誘導文 ペーパーメディアからホームページへ誘導するときは、なるべくカンタンなURLにします。パラメーター付与していたり、ディレクトリーが何層にもなっている場合は、短縮URLを利用します。今回の誘導先URLは、自社ドメイン/travel と、直接入力しても比較的簡単に入力できるURLです。何の申し込みかわかりそうですね(笑 ※上記QRコードは読み込……

小さい工務店さんは無駄なく~質の高い問い合わせ

コンバージョン 工務店

① リフォーム専門店 売上げ1億円未満/年 従業員1人 社長一人で営まれているリフォーム専門店です。2018年は過去最高の利益だそうでコンサルタント冥利に尽きます。社長自らSEO対策を行い、さまざまなキーワードで検索結果上位表示しています。ブログ、フェイスブックも定期的に更新しています。毎月DM送付していますが、有料の広告、グーグルアドワーズや新聞折込、雑誌……

【工務店集客の悩み】工務店が集客を考えたとき知っておくべき、集客する際の確認手順

人気記事 工務店 集客
工務店

地域密着ビジネスの最たる工務店でも、今やホームページを中心とした集客が総じてあたり前になっています。また、その流れにのって工務店専門を謳ったホームページ制作業者やSEO対策・リスティング広告代行業者は増え続けています。そのためSEO対策や・リスティング広告の運用も以前に比べ手軽に行えます。 手軽にはじめることができるインターネット集客ですからライバルは増え続……

ページの先頭へ