小さい会社はGoogle検索対策だけでなくYahoo検索対策を行うことでチャンスが増える

浅野浅野

もし、あなたが「地域名」と「業種」を組み合わせた言葉で検索されることが多いご商売を営まれているなら最後までお読みください。難しく感じるかもしれませんが、お得なことが書いてあります。

最近、yahoo検索で地域名を入れた検索クエリの検索結果に、とても不格好な強調スニペットが表示することがあります。下の画像は、yahoo検索で「足立区 ランチ」で検索した結果です。


赤枠で囲んだ部分が今回のお話している強調スニペットです。今までyahoo検索でこのような表示していませんでした。それにしても少し不格好です。

近年、yahoo検索は「google検索エンジン」と「検索連動型配信システム」を採用しているため、ほぼGoogle検索と同じだからSEO対策は、Google検索エンジン対策をしておけば良いと言っても過言ではありませんでしたが、久しぶりに、地域性のあるビジネスを営まれている方においては、グーグル対策とヤフー対策を別々に行わなくてはいけなくなりそうな予感です。その予感についてお話をしてみようと思います。

今までのYahooとGoogleの検索結果の違い

Yahoo検索が、Google検索エンジンを採用しているからと言っても、Yahooの検索結果は、Yahooのサービスも含まれますのでGoogle検索とは若干異なります。Yahooのサービスとは、

・Yahoo!ショッピング
・ヤフオク!
・Yahoo!ニュース
・Yahoo!天気・災害
・スポーツナビ
・Yahoo!知恵袋
・Yahoo!地図
・Naverまとめ

などを指しますが、今回のお話は、Yahooのサービス表示とは異なります。

強調スニペットとは

強調スニペットとは、検索クエリ(検索語句)に対する明確な回答を、自然検索内のWebページから抽出して検索結果の上部に強調表示する仕組み(特別な配置)のことです。簡単に言えば、強調スニペットに表示されると他の検索結果より目立つということになります。

下の画像は、Google検索で「草加市 居酒屋」で検索した際の検索結果です。一番上にGoogle Mapsを利用したスニペットが表示しています。目立ちますよね。Google Mapsを利用したスニペットは、Yahoo検索では表示しません。GoogleはGoogle Maps以外にも様々なスニペットを用意し、よりユーザーの検索クエリの期待に近い結果を表示させようとしています。

「草加市 居酒屋」という検索クエリは、草加という地域で居酒屋というカテゴリーの店舗で飲食しようと考えている検索クエリとGoogleは判断して、Google Mapsを表示させているのです。

検索結果に、関連性のあるWebサイトを順番に並べるだけではなく、検索結果をさらに処理をして、改めて生成することを「レンダリング」と言います。

Yahooが地域性のある検索クエリのWRSに力を入れだした

WRSとは Web Rendering Service(ウェブ レンダリング サービス)の略です。技術的なことは省略しますが、Googleは以前からWRSに力を入れて取り組んでいて、検索結果、特に地域性のある検索クエリに、関連性のあるウェブサイトを並べるだけではなく、よりユーザーに役に立ちそうな情報をレンダリング(生成しなおす)してわかりやすく表示させるようにしています。

Yahoo検索も同様なことを本格的にテストしていることが分かる変更点の一つをご紹介します。

通常の検索結果の場合、検索結果に表示している「集客コンサルティング~工務店のネット集客の悩みを解決する…」の上にマウスを持っていくと赤枠のようなリンク先のWebサイトのURL https://asanoyukinobu.com が表示しますが、冒頭でご紹介した、「足立区 ランチ」での検索結果、足立区のおすすめランチ|まいぷれ[足立区] にマウスを合わせると、

 

https://search.yahoo.co.jp/wrs/…

URLの中に、「WRS」とあります。わかりやすいですね(笑)

現在YahooのWRSの多くはポータルサイトの流用だが

現在(2020/4/18)Yahoo検索の強調スニペットは精度が低く見た目もかっこ悪いです。「足立区ランチ」でYahoo検索を利用した際に表示する強調スニペットは、「まいぷれ」というポータルサイトの一部分の流用です。Yahoo検索で「地域名+業種」で検索した際に表示する強調スニペットの多くは、ポータルサイトの一部流用が多いですが、ポータルサイトの流用でないものもあります。弊社ではある程度予測できていますが、今後間違いなく言えることは、地域性のあるビジネスを営まれていて、「地域名+業種」で検索された際に自社について表示することが売り上げアップになるのであれば、今までのSEO対策、Google検索対策だけでなく、Yahoo検索対策を行い成果を出すことが売り上げアップに大きくかかわるでしょう。

Yahoo検索対策はスモールビジネスのビックチャンス

ウェブ集客において行わなければいけないことがまた増えますが、地域性のあるご商売を営まれている方は、大チャンス到来の予感がします。

Googleの収益の多くはGoogle広告によるものです。より多くの方にGoogle広告を利用してもらうためには、Google検索を利用してもらうことが重要です。その昔、まだスマートフォンが普及していなかったころ、Google検索やGoogle広告よりYahoo検索や広告のほうが利用者は多かった時代ががあります。現在最も利用されているモバイル端末の機種は、iPhoneです。

iPhoneユーザーはYahoo検索を好みます。

中小企業の集客サポートを行っている当社としては、Yahooに頑張ってもらいたいと思っています。グーグル対策とヤフー対策を別々に行うことは作業量が増えスモールビジネスを営まる方にとっては大変ですがチャンス到来の予感です。

あなたの営まれている地域と業種をヤフーで検索してみてください。強調スニペットが表示されているのであればなおのことビックチャンスかもしれません。

弊社は様々なウェブ集客の代行を行っています。お困りごとがあればお気軽にご相談ください。

 

マーケティング代行サポートについて
代行サポートできる企業数には限りがあります。
浅野 幸延浅野 幸延

この記事の監修 : 浅野 幸延 (建築士/コンサルティング・広告全般担当)プロフィール

工務店コンサルティングのページボタン