浅野浅野

「せっかくブログを書いたのでより多くの方に見てもらいたい」ビジネスのためにブログ記事を書いているならなおさらです。会員様の多くは、ブログ記事をフェイスブックをはじめ様々なSNSでシェアしていますが、やり方がわからない方もいらっしゃいますので確認の意味も含めてご紹介してみましょう。

ブログ記事を書く

今、ご覧になられている記事、「いまさら聞けない。ブログをフェイスブックでシェアする」これもブログの一つです。ビジネスでブログを書いてフェイスブックなどのSNSでシェアしてより多くの方に見てもらうのであれば、日常の出来事などのブログではなく、ビジネスに関連性のある記事をブログに書いてシェアしましょう。

こちらの記事もご参考にしてください。関連性は低いがアクセスの多いブログ記事の取り扱いについて

フェイスブックページでシェアする


ご自身のフェイスブックページ(企業用フェイスブック)の「投稿を作成」にブログのURLを貼り付けます。

貼り付けて少し経つと、フェイスブックのクローラーがブログのタイトルタグを自動で読み込みます。ブログに利用した画像なども同時に自動で表示する場合もありまが、画像が表示しないこともあります。設定も関係していますが、手動で画像を貼る方法をのちほどご説明します。

弊社のブログのURLは、日本語タイトルをそのままURLに利用していますので、フェイスブックに貼り付けるととても長く意味不明な文字が並んでしまっています。このままでも機能としては問題ありませんが、クリックされにくいので、URLを短縮してみます。

URLを短縮する

URLを短縮する方法は様々ですが、今回は bitly で行います。

shorten your link にブログのURLを貼り付けて、右にある shorten ボタンを押すと短縮URLが生成されますので、Copyボタンを押します。

短縮する前と同様にフェイスブックページの「投稿を作成」に短縮URLを貼り付けます。

このように自動で画像が表示した場合は、このままでも結構ですし、利用する画像を選択することもできます。また自動で画像が表示しなかった方、自動で画像が表示したが、別の画像を利用したい方は、赤丸の部分をクリックして利用する画像をアップロードします。

このままでもブログに誘導することはできますが、クリックしたくなるような文章を追加してみましょう。

フェイスブックページに投稿した記事をご自身のフェイスブックでシェアする

フェイスブックページでブログをシェアすることができました。
フェイスブックページで公開しただけだとあまり見てもらえませんので、ご自身のフェイスブックにフェイスブックページで投稿した記事をシェアして、より多くの方に見てもらえるようにします。

シェアするボタンを押す前に、個人のフェイスブックを選択してからシェアするボタンを押すと、個人のフェイスブックにシェアされます。

そのままシェア(公開)でも構いませんし、シェアを押して簡単なコメントを書いてもかまいません。

今回は簡単なコメントを入れてみました。

 

何でブログを書かなければいけないのか?
何でフェイスブックを利用するのか?

すべては集客のためです。せっかくお役立ちブログを書くならたくさんの方に見ていただく工夫をしましょう。

浅野 幸延浅野 幸延

この記事の監修 : 浅野 幸延 (建築士/コンサルティング・広告全般担当)プロフィール

工務店コンサルティングのページボタン