社長アサノ社長アサノ

コンサルティング会員の皆さまから「グーグルマップからお客さんが来た」とのご報告が増えています。エリア限定のビジネスを営まれている方であれば、ますます重要な集客コンテンツとなりうるのがグーグルマップです。

現在、グーグルマップなどでユーザーが検索すると、ナレッジパネルの表示頻度が高くなってきています。下の画像は、グーグルマップでの当社、エムズコミュニケーションのナレッジパネルです。

 

コンサルティング会員の方々は、お問い合わせのあったお客様には必ず、どのように自社のホームページを見つけたか確認していただいてますのでグーグルマップで見つけたとわかります。

グーグルマップなどに表示する「ナレッジパネル」グーグルマイビジネスで設定登録したものが表示しています。
※ナレッジパネルは必ず表示するものではありませんが、グーグルマイビジネスの登録をしておかないことには表示はしません。

コンサルティング会員の皆様においては、弊社でグーグルマイビジネスの登録を行なっています。グーグルマイビジネスにはグーグルマップなどからのアクセス数もわかる、インサイトという機能もありますので、ご自身でグーグルマイビジネスを編集したい方やインサイトを確認したい方のために操作方法をご説明いたします。

 

Googleマイビジネス

 

 


グーグルマイビジネス
google.com/intl/ja_jp/business/

 

グーグルのアカウントでログインします。グーグルのアカウントとは、gmailとそのパスワードのことです。グーグルマイビジネスにログインすると下のメニューが表示します。上から一つずつ説明いたします。

 

ホームは、ログインした最初の画面です。アナリティクスのホームと一緒で大まかな情報がホームで理解できます。

投稿

ブログやSNSのように情報を発信する機能です。この投稿はナレッジパネルにも表示しますので、工務店の方であればイベント情報などを掲載するといいでしょう。ナレッジパネルはグーグルマップだけでなくグーグル検索でも表示します。ユーザーがグーグルアカウントでログインしているか、していないかで表示形式が変わるようです。


当社の投稿のナレッジパネルでの表示

 

工務店様は見学会などのイベント情報、店舗来店型の方は、新商品やクーポンなどを発行することが出来ます。

情報

ナレッジパネルなどに表示する企業情報などを編集することが出来ます。

社名、職種カテゴリー、所在地、サービス営業提供エリア、営業時間、電話番号、ウェブサイトURL、サービス、開業日などを順番に設定します。

インサイト

ユーザーがビジネスを検索する方法

ビジネスを見つけたユーザー数と見つけた方法を確認できます。ダッシュボードでグラフをクリックまたはタップすると、それぞれの検索方法でお客様のビジネスを見つけたユーザーの割合が表示されます。

直接検索数

ビジネスの名前や住所を直接検索したユーザー(例: Google マップでビジネス名「不動産」を直接検索したユーザー)。

間接検索数

提供している商品やサービス、またそのカテゴリを検索し、リスティングが表示されたユーザー(例: Google 検索で「近くの不動産屋」と検索したユーザー)。

ブランド検索数

ビジネスに関連するブランドを検索したユーザー(例: 不動産屋に関する情報を求めて「センチェリー21」と検索し、自社の不動産会社のリスティングを見つけたユーザー)。ブランド検索でリスティングが 1 回以上表示された場合にのみ表示されます。

合計検索数

直接検索数、間接検索数、ブランド検索数の合計。

注: このグラフには、ビジネスを名前またはカテゴリで検索したユーザー数が表示されます。これらの検索は個別に計算されるため、ユーザーが間接検索を行った後に直接検索した場合は、検索数は 2 回(または各セクションごとに 1 回)としてカウントされます。

ビジネスの検索に使用された検索語句

検索クエリ

検索クエリとは、SEO対策やアドワーズ広告などで設定したキーワードとは違い、実際にGoogle検索などでユーザーが検索した際に使用したキーワードのことです。ご自身のビジネスについての一般的なクエリや検索の傾向を追跡できます。

検索クエリは、ユーザーがローカル検索とマップでお客様のビジネスを見つけるために使用したクエリに重点を置いています。ユーザーのプライバシーを保護するため、Google のプライバシーの基準を満たすクエリのみが表示されますので、全ての検索クリエが表示しているわけではありません。

ユーザーがビジネスを検索したGoogleサービス

Google検索・Googleマップでビジネスを見つけたユーザー数を確認できます。

検索経由の表示

Google検索を使用してビジネスを見つけたユーザー。「検索経由の表示回数」として表示されます。

マップ経由の表示

Googleマップを使用してビジネスを見つけたユーザー。「マップ経由の表示回数」として表示されます。

ユーザーの行動

ユーザーがGoogleで見つけてからどのような行動をとったかを確認できます。グラフには、表示されたリスティングで以下の行動をとったユーザーの数が表示されます。

ウェブサイトへのアクセス

ウェブサイトを閲覧したユーザー。「ウェブサイトへのアクセス数」として表示されます。

ルートのリクエスト

会社や店舗までのルートを探したしたユーザー。「ルートの照会数」として表示されます。

通話したユーザー数

電話をかけたユーザー。「通話数」として表示されます。

これ以外にも、マイビジネスで公開した写真の閲覧数、グーグルマイビジネスから電話をかけてきた日時などもわかります。営まれるビジネスによっては、グーグルアナリティクスよりも、定期的にグーグルマイビジネスインサイトをチェックすることをおすすめいたします。

クチコミ

Google ユーザーからのクチコミが引用され、クチコミ投稿者が頻繁に使用したキーワードに関する情報を提供します。お店やサービスに関連する最も一般的な語句やフレーズが太字で表示されます。抜粋テキストの下には、クチコミで同じ語句を使用しているその他のユーザーの数が表示されます。

写真

ナレッジパネルなどに表示させる、カバー写真やプロフィール写真、ロゴ意外にも任意の画像を公開することが出来ます。動画も可能です。
※モバイルユーザーは画像を閲覧した上で、マイビジネスを深堀していますので、定期的に新しい画像を公開していきましょう。

ウェブサイト

グーグルマイビジネス内に簡易ホームページの作成が可能ですが、グーグルマイビジネスにはオフィシャルサイトへのリンクの設置ができますので、コンサルティング会員の皆様同様、オフィシャルサイトを運営されている方は、さほど手をかけないで結構です。

ホームページをお持ちでない方は設定登録しましょう。無料でカンタンにホームページが出来ます。

ユーザー

グーグルマイビジネスを編集できるユーザーです。

 


まとめ・Q&A

ワードプレスなどを更新するよりはるかに簡単ですので、社内にグーグルマイビジネスを更新するスタッフを準備していただき、ブログやフェイスブックなどを更新する際に、グーグルマイビジネスも同様の内容で更新していただくとよいと思います。

Q:Googleのクチコミに、自社のサービス内容を含めたキーワードで感想・レビューを書いてもらう事で、そのキーワードがヒットし、検索結果に表示されるということがあるのでしょうか?

A:Googleの検索結果に表示される3件の地図枠に表示される最大のコツの一つは、レビュー内、またはレビューへの返信文の中に目標キーワードをしつこくないように含めることです。いつも同じ言葉をたくさんのレビュー返信文に含めることはペナルティーの原因になりますので注意が必要です。

Q:グーグルマイビジネスの管理画面で、店舗名をいれるとこに店舗名の前に、自分の狙っているキーワードを1つ2つ付けたほうがいいのか?例えば集客コンサルティングのエムズコミュニケーションという具合にキーワードを含める感じです。

A:ご質問いただいたのは、キーワードを含めた店舗名で上位表示している店舗があるからだと思いますが本来、正式な店舗名を入れるところなので、できる限り店舗名を入れたほうが良いというのがアサノの考えです。

但し、簡単に変更できますのでどうしてもキーワードをいれてみたい方は自然な文体にするようにしてください。

 

グーグルマイビジネスの操作・設定方法について、コンサルティング会員様には設定を全てサポートしています。

多くのユーザーがグーグルマップで探しています。グーグルマイビジネスの登録を早めに行ないましょう。