浅野浅野

元祖YouTuberが話すYouTubeのビジネス活用2~再生回数の増える動画とあなたのビジネスでは、グーグル検索にYouTubeが表示することがSEO対策になるというお話、検索クエリを参考にして疑似体験してくれるユーザーを集めるお話をしました。ではどのような動画が集客できて売り上げが上がるのか具体的事例を使ってご説明しましょう。

ビジネスに役立つ3つの動画

  1. 新規客向け商品に関する動画
  2. 集客用動画
  3. 名簿客向け商品紹介動画

弊社が実際にビジネスで活用していたYouTubeで具体的に解説していきます。まずこちらが弊社が運用していたYouTubeチャンネル、3ryusundayracer 、再生回数の多い順に並べています。



クリックすると拡大します。

 

ビジネスに役立つ3つの動画をわかりやすくするため、枠で囲ってみました。赤い枠が、新規客向け商品に関する動画、青い枠が、名簿客向け商品紹介動画、枠無しは集客用動画です。

再生回数の多い順に並べるとよくわかりますが、商品に関する動画の再生回数が2,500~5,000回程度で、集客用動画の再生回数に較べてとても少ないことがわかると思います。

新規客向け商品に関する動画

この動画の目的は、購入しやすくするための動画にすることです。また、SEO対策向けの動画は、新規客向け商品紹介動画で行います。ビジネスによってその内容は変わりますが、動画を利用することで購入しやすくできる商品やサービスであればYouTube向きと言えます。

YouTubeチャンネル 3ryusundayracer では、レーシングスーツというサーキットなどで自動車競技する際に必ず必要なウェアの中でも「フルオーダーレーシングスーツ」を販売してました。ビジネス、フォーマルスーツのフルオーダーと同じで、生地、デザイン、色、サイズなどの情報が必要です。当時、フルオーダーレーシングスーツを販売しているショップはごく少数で、通販などは行っていませんでした。

新規客向け商品に関する動画を2つご紹介してみます。

左は購入方法がわかる動画、右は購入しようとしている商品を疑似体験できる動画です。

購入方法を教えている動画

疑似体験できる動画

左の動画を見た人からお問い合わせがあると90%以上の確率で受注していました。

しかし、この動画で集客はできません。そこで必要になるのが、見込み客を集めることができる動画です。

集客用動画

YouTubeの特徴として、YouTubeを視聴すると、視聴したYouTubeに関連する動画やおすすめ動画が表示されます。
下のグラフは、チャンネル3ryusundayracerの再生回数のグラフです。2008年4月11日、6,955回の再生回数ですが数日前は1,000回未満でした。


YouTubeouTubeチャンネルアナリティクス
クリックすると拡大します。

 

下のグラフは、2008年4月11日以前の再生回数。折れ線グラフの下の8や3、▲などは、アップロードした動画の数です。▲マークは1つの動画をアップロードしたことになります。


YouTubeチャンネルアナリティクス(2007.7.4~2008.3.30)
クリックすると拡大します。

ポイント

YouTubeチャンネル開設当初、再生回数1,000回/日を目指していました。2008年になって再生回数1,000回を超えることが増えてきています。アナリティクスでは、2007年7月から2008年1月の7か月間でアップロードした動画は23本になっていますがお蔵入りした動画を入れると50本ぐらいはアップしています。このぐらいの動画数をアップしていれば、関連やおすすめ動画として表示がされるようになってきます。かなりビジネスにもつながってくるはずです。

ビジネスにYouTubeを利用するなら、1つの集客用動画を1週間に一本程度アップロードしながら、再生回数を1,000回/日を目指すと現実的で成果も体感できると思います。商品紹介動画で1,000回/日は、よほど珍しいか、目新しいものでないと無理です。商品紹介動画と集客用動画は必ず分けて考えてください。また、再生回数10,000回/日超えているときもありますが、これはYouTube側で取り上げていただいたのがきっかけです。現在のYouTubeだと急上昇中の動画として紹介されたということになります。YouTuberはここを目指しているわけですが、ビジネスでYouTubeを利用する方は、再生回数1,000回/日を目安にしてください。私自身、再生回数1,000回/日の時にかなり手ごたえを感じてます。

名簿客向け商品紹介動画

ここでいう名簿客とは、購入履歴のあるお客様のことです。名簿客向け商品紹介動画とは、リピート商品の紹介です。下の2つの動画は、誰でも視聴可能ですが、あくまで名簿客向けの動画です。

リピート商品の紹介動画

リピートしてもらうための疑似体験できる動画

左の動画は、今はおなじみになったGO PROという小型カメラを名簿客の方にプレゼントする動画です。元祖YouTuberは元祖GO PRO販売店でもありました。右は、レーシングカーのレンタルの動画です。どちらも大盛況でした。

名簿客向けの動画と言いましたが、誰でも見れますから集客動画でもあるわけです。

浅野浅野

元祖YouTuberが話すYouTubeのビジネス活用3~ビジネスに役立つ3つの動画では、具体的な動画を使ってビジネスに役立つ3つの動画についてご紹介してみました。ご自身の商品に興味のある方を集めることができる集客向け動画を週に1本アップロードしていきながら、再生回数1,000回/日を目指せば、成果を体感できるようになるお話をしました。再生回数1,000回/日の動画があると、関連やおすすめに表示される機会が増えるので、1,000回/日の再生回数が容易になります。

次回は、集客用動画の考え方とYouTube集客のリスクについてお話してみようと思います。

※弊社お役立ちコラムの更新をいち早く知りたい方は、こちらのフェイスブックに「いいね」していただくと、更新したことがいち早くわかります。


エムズコミュニケーションフェイスブック

浅野 幸延浅野 幸延

この記事の監修 : 浅野 幸延 (建築士/コンサルティング・広告全般担当)プロフィール

工務店コンサルティングのページボタン