ホームページ製作業者の多くは、ホームページが完成したら納品します。

いくら安くホームページをつくってもらっても、造ってもらったホームページが反応のあがるホームページかどうかは納品後測定を行わなければハッキリしたことはいえません。

もし、完成してそのまま納品しただけで、反応があがりますよと言ってる方がいたら根拠は全くありません。

当社では、納品前に、グーグルアナリティクスを設定し、さまざまなデータを分析してから納品します。

SEO対策は検索結果で上位に表示するための集客の対策ですが、いくら集客ができてもホームページを見てくれなければ全てムダです。

ホームページを製作して最初にチェックするデータは、直帰率です。直帰率とは、

サイトの1ページだけを読んで、他のサイトへ離脱してしまう、もしくはブラウザを閉じた割合。

ホームページ内の各ページで極端に直帰率が高いページがないか確認し、直帰率を下げる対策を施します。直帰率が改善できたら、離脱率を改善します。

離脱率とは、

ページに訪れた セッションに対して、そのまま離脱してしまった割合。

セッションのあったページでブラウザを閉じたり、他のサイトへ行ってしまった場合です。離脱する前にサイト内の他のページを見ています。

ホームページに訪れたユーザーは必ず離脱するわけですから離脱率の高いページがあってもおかしくはありませんが、例えばお問い合わせフォームで離脱率が高いのであれば改善が必要です。

直帰率や離脱率は滞在時間とホームページで扱っているサービスと密接な関係がありますのでこの2つだけが全てではありませんが、訪れたユーザーの動線に問題がないか確認するための参考になります。

ホームページを作っただけで売上げはもうあがりません。ユーザーにストレスのない動線を考える必要があるわけです。