2018年3月27日にグーグルウェブマスター向け公式ブログで、検索結果表示をモバイルサイトを中心にするモバイル ファースト インデックスを開始したことをブログで発表いたしました。

検索結果の提供に使用するインデックスは引き続き 1 つのままです。 メインのインデックスとは別の「モバイル ファースト インデックス」はありません。 歴史的にデスクトップ版のコンテンツがインデックスされてきましたが、今後はモバイル版のコンテンツを使用していきます。

  • モバイル インデックスを、より広範に展開します。 この方法でインデックスされたとしても、ランキング優位性はなく、モバイル フレンドリーの評価とは独立して動作します。
  • モバイル フレンドリーなコンテンツは、モバイル検索結果の成果を上げる方法を検討しているウェブマスターにとって役立ちます。
  • コンテンツを高速に読み込むことは、モバイルとデスクトップ両方のユーザーにとってより良い成果を上げる方法を検討しているウェブマスターにとっては、依然として役立ちます。
  • いつものように、ランキングには多くの要素を使用します。 他の多くの信号が最も関連性の高いコンテンツであると判断した場合は、モバイルフレンドリーでないコンテンツや、読み込みが遅いコンテンツをユーザーに表示することがあります。
    Google はこの変更を慎重に確認して評価し続けます。

モバイルサイトをインデックスやランキングに使用するがランキング優位性に変化はないとのこと。移行しているサイトはSearch Consoleに通知が届くようです。スマートフォンのGooglebotからのクロールが大幅に増加することになるとのこと。

2016年に発表された「モバイル ファースト インデックス」が正式に運用が始まりました。当社では1年半前から準備してましたのでクライアントの皆さまと今か今かと待ち望んでました。
今後、チェックを行いモバイルユーザーのユーザービリティにますます配慮したサイト構築をご提供してまいります。